チューリップ


ブログランキング・にほんブログ村へ


チューリップ


草とは
ウオルト・ホイットマン(訳/木島 始)

ある子が両手で草をひっつかんで来て、「草って何?」 といった。
どうその子に、わたしが答えられたのか? わたしとて、その子以上に草が何なのか、知ってはいない。

草は、希望に満ちた緑の素材で織りなされた、わたしの気質の旗なのかも、と思う。

あるいは、神のハンカチかとも、
わざと落とされた香りのいい贈りもの、記念品で、
どこか隅っこに持ち主の名がしるされていて、見つけてわたしたちが「だれのかしら?」と言えるようになっていて。

あるいは、草そのものが子どもで、植物界が生んだ赤んぼかとも、思う。
あるいは、草とは一様な象形文字で、
その意味とは、広々とした地域にも狭くるしい地域にも同じように萌えでて、
白人のあいだにも、黒人のあいだにも育ち、
カナダっぽ、ヴァージニアッこ、下院議員、黒人、わたしはかれらに同じように与え、わたしは彼らを同じように受け入れるのだ。

そして今、それは墓場の美しい刈り込まれない髪に、わたしには見える。

やさしくおまえを取りあつかおう、丸まる草よ、
もしやおまえは、若ものたちの胸から発散しているのかもしれぬ
もしや前もって知っていたのなら、わたしは愛していたのかもしれぬ
もしやおまえは、老人たちからか、母親たちの膝から取りあげられたばかりの子どもかもしれぬ
そう、ほらおまえは、母親たちの膝なのだ。

この草は、老いた母親たちの白髪頭からにしては、たいそう色濃いし、
老人たちの色あせたあごひげより色濃く、
薄赤い口蓋の下からにしては色濃い。

おお、わたしは、結局のところ発声されるなんとも多い言葉また言葉をみとめるものだ、
それらが無意味に口蓋からでてくるものでないと、みとめるのだ。

わたしは、若くして死んだ男たちや女たちの暗示するもの、
年老いた男たちや女たち、また、かれらの膝から取りあげられたばかりの子どもが暗示するものを、訳読できればなあ、と思う。

若ものたちや老人たちがどうなったと、きみは思うのだ?
女たちや子どもたちがどうなったと、きみは思うのだ?

かれらは、どこかで生きていて元気なのだ。
いちばん小さな芽が生えても、死ぬということが、
ほんとは無いのだと、見えてくる。
そして死ぬことが、もしあったとしても、それは命を押しすすめたので、
命を終点で引っとらえようと、待つのではない。
そして、途絶えると同時に、命が現れ出てきたのだ。

あらゆるものは、前へ、外へと、進み何ひとつ崩れさらない。
そして、死ぬということは、だれもが思ったのと異なり、ずっと幸せなのだ。





KISSして
Singer:KOH

関連記事
web拍手 by FC2

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://utrillo8.blog91.fc2.com/tb.php/1737-990688d6

Utility

- Translation -

- Arrangement plugin -

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

- User tag -

- Comments+Trackback -

Comments<>+-
Trackback <> + -

- Search -

- Personal Link -

- ブログサークル -

- pagination -

- Guide in this blog -

タイトルバーはブログの最上部にあります。↑↑↑
*Blogの詳細・管理人のProfileはタイトルバー「Information」をご参照ください。
*記事一覧はタイトルバー「Title List」をご参照ください。
*リンクはタイトルバー「Link List」にまとめさせていただいています。
*リンクはフリーですが一言コメントいただけると幸いです。
こちらからもリンクさせていただきます。
*画像は「サムネイル」表示です。画像をクリックすると拡大します。
*東日本大震災 関連情報(記事)』←こちらに固定しました。

以上宜しくお願い致します。

- Blog Ranking -

☆応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ


blogramのブログランキング poti.gif

- Twitter / Profile Widget -

- facebook / profile -

- TOKYO 2020 -

 

- ブロとも申請フォーム -

FC2ユーザーのみですが、
utrilloとブロともになってくださる方は

>>>ここをクリック<<<
よろしくです!!。

- QRコード -

QR